あの時

あの時、起きた出来事を抽象化して考えてみると、私に起きた出来事とツヨシに起きた出来事は恐ろしいくらいに、そっくりな相似関係にあるのです。今回は交遊関係のみに焦点を当ててみることにします。

まず、本命がいながら別の相手とも良い関係になった。本命の方が遥か重要であるにも関わらず、もう一人の相手の方とより深い関係であったということ。爛れた乱れた関係であろうことは簡単に想像できます。もう一人の方は、それほど大事にしていなかったにも関わらず頻繁に会ったこと。あまり人には知られたくない関係であったことが推測されます。破局が見えていたけれど、流されるような状況であったかもしれないのです。その後、私の場合は交通事故を皆の前で惹き起こし、救急車で病院に搬送されました。彼の場合は不法に所持をしていたとの理由で新聞沙汰になったものです。家族は辛い思いをしたであろうことは噂で聞きました。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ